新潟大学美術科-niigata-u-art-






新潟大学美術科-niigata-u-art-




新潟大学美術科は、新潟大学の教育学部内の一学科です。正式名ではなく、「芸術環境創造課程・造形表現コース」と「学校教員過程・美術専修」の通称です。美術を学びたいという人は多いと思いますが、美術といっても、様々な専門分野に分かれています。新潟大学美術科でも、多くの個性的な研究室が揃っています。教員はそれぞれの専門分野に長けた8名で、真摯に学生の指導に当たっています。

美術科の学生になると、一年次は、「平面」「立体」「デザイン」「美術史」など、総合的な観点から基礎的な表現手法・理論を学習します。二年次には、いよいよ自分の専攻を選択することになります。それでは具体的にどのような専攻があるのかご紹介しましょう。

現代表現専攻(平面絵画)では、絵画や現代美術に関する研究がメインです。変化に満ちた現代社会における新しい表現を探求します。学生たちが大学のアトリエで制作した作品は企画展覧会などで積極的に発表し、また、アートプロジェクトでの実践の場も設けられています。新潟県だけでなく、他の地域、他学部と連携しながら学習します。

日本画専攻では、日本画の制作がメインです。日本画の基礎から学び、自分なりの表現の世界を追及します。岩絵具や箔などの素材研究、岩絵具を作る作業や模写などのプロセスを通して、より素材に密着した表現を学びます。年に一回、科の展覧会で発表したり、個人が独自に発表の場を見つけて活動します。

彫刻専攻では木、石、金属、ガラスなど様々な素材を用いて制作します。長い時間存在する物質に触れ合うことで、技術的、精神的な向上を目指します。学内での発表や、学生自らが企画した制作発表などにより、地域社会にもアピールします。

デザイン専攻ではジャンルを問わず、様々なデザインを探求します。機能造形・プロダクトデザイン・家具デザインなどの研究を行い、関連パッケージデザイン・ディスプレイなども制作。プランニングを手がけたり、実社会の中でのアートプロジェクトや、産学連携プロジェクトを通して、実践的な活動、発表を行います。

西洋・東洋美術史研究室では芸術理論の歴史的な推移を俯瞰し、独自の観点から西洋・東洋美術史を考察します。学んだことの集大成となる卒業論文を発表し、自らの研究を学外へ発表しています。美術館の学芸員を目指す学生には美術史をしっかり学ぶことのできる環境が整っています。

美術教育専修では、学校教育の場で、指導力を発揮する教員を養成します。芸術や教育の理論、子どもと一緒に造形表現の喜びを味わえるような活動の企画・実践など、図画工作・美術科を担当する教員に必要な知識とスキルを身につけることができます。






























































































































おすすめサイト